FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありが桃園の桃農家の桃カレー「ありが桃園@山梨県」

先月の事、こちらからこちらへの迷走の途中で立ち寄った道の駅で、こんなカレーをゲットしていたオイラ・・・
「ありが桃園の桃農家の桃カレー」

ええ、ありが桃(ありがとう)ってダジャレがツボにはまったのは事実ですが、何かww
以前、いちごカレーってのは食べた事があるのですが、この「桃カレー」はどんな感じなんでしょ。。では、レポート開始させてもらいますm(__)m

その桃カレーは2種類。濃い桃色の箱に入った、ノーマル?な「桃カレー(ビーフ)」と黄色い箱に入った「桃カレー(辛口)」です。

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
あとで詳細はレポートしますが、単純に辛さの違いだけじゃないんですよね。

さて、どっちから食べてみようかなぁ?と、思ったのですが・・・
えーい、面倒だ!! どっちも食べちゃえーーww

と言う事で、「桃カレーの合い盛り」を(^^)

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
一緒に並べたサラダとエリンギソテーは冷蔵庫の中身を整理しただけですが、4種の果実ラッシーにも「桃」が入り、添えた唐揚げの部位はもちろん「もも肉」です(爆)

THE もも尽くし。。ww

では、さっそく食べてみる事にしましょう♪
まずは桃カレー(ビーフ)から(^^)

角切りにされた桃とビーフが入っています。桃は具材としてだけじゃなくピーチチャツネとしてもカレーの中に入っています。
口に入れた瞬間、初めに感じるのは桃のフルーティーな風味ですが、その奥にしっかり存在するビーフの旨味との調和が素晴らしいです。
じんわりくる辛さも心地良いですね。
これ、630円で買ってきたんですけど、中々良いカレーですよ(^^)

次に「桃カレー(辛口)」も♪

こちらにはビーフはほとんど入っていないけど、大きくカットされた桃が存在感を増しています。これぞ桃カレーという感じですねww
食べてみると、桃カレー(ビーフ)よりもフルーティーさは強いような気がしますが、その後から沸いてくるような爽快な辛さ。痛いというのではなく熱いという感じかな(^^)
フルーティーさと爽快な辛さとの調和、これも中々あなどれないカレーですね!!

今回も、ライスは「タイ香り米(ジャスミンライス)」を使ってます(^^)

カレーだけだとOKだけど、ライスと一緒だとどうなのかな?
まず、「桃カレー(ビーフ)」からだね♪

うん、問題ない。。つーか、美味いっ(笑)
桃とビーフのコンビネーションに違和感を感じないやww

いちおう、桃カレー(ビーフ)もチェック♪

この爽やかな辛さが良いねぇ~

それにしても、カレーって色んなタイプがあるけど、どれも楽しいね。
フルーツとの組み合わせでも懐の深いところを見せてくれるカレーは凄い!!

この「桃カレー」ですが、名産品をカレーにするという点で成功しているのではないでしょうか。銘柄牛をカレーに仕立てている所より特色を出せていますからね(^^)
また、山梨に行く事があったら買ってこようっとww

実食日 
2012.12.15

日本一の桃の里、山梨より「ありが桃園の桃農家の桃カレー(ビーフ)」

価格:630円
(2012/12/16 21:31時点)


 ↓ 気に入っていただけたら拍手してくれると嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

No title - プロ・ビーラー - 2012年12月22日 11:28:48

あ,例のカレーだw
ってか,やっと試食っすか?

桃とカレーの取り合わせってのが想像つかないですが,ご当地の名産を使うってのは賛成です.
で,気に入ったならなお良し!
また買いに行きましょう(笑

プロ・ビーラーさん - メタbow - 2012年12月22日 12:29:31

ええ、あのときのカレーっすww
リバウンドしないように注意してるので遅くなっちゃいました(^_^;)

桃に若干の甘さは感じますが、普通にフルーティーなカレーでしたよ。
甘さと辛さがちゃんと調和してたし♪

> また買いに行きましょう(笑
もう冬靴装備したからいつでもOKっす!!
きみまろにも行かなきゃねww

トラックバック

URL :

プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。