隣駅にも素敵なかつ丼文化発見♪ ご当地かつ丼シリーズ岐阜その2「ファミリーレストラン ちゝや@土岐市」(1)

GWだというのに、いやGWだから岐阜の瑞浪までかつ丼を求めて遠征したオイラ。
駅前の加登屋食堂であんかけかつ丼を堪能したその数分後・・・
隣駅の土岐市駅に降り立ってました(o^^o)
いや、間違ったわけではないから大丈夫ww

実はですね、こちらにも瑞浪のあんかけかつ丼と並ぶ、地元の方に愛されたご当地かつ丼があるらしいんですよ♪
ええ、かつ丼のはしごですが何か?(笑)
実は自分が一番不安だったのは内緒←腹も身の内だしいつまでも若くないからねww

駅前から延びる通りを300mほど進み、そこから左へほんのちょっと←アバウトやなww
そこに今回目指すお店、ファミリーレストランちゝや(ちちや)さんはあります(^-^*)

店頭のディスプレイを見ると、おっ、あるあるぅ♪
あ、こちらには、ごくごく一般的(地域差はあるけど)な玉子とじのかつ丼もメニューにありますね。

こちらのお店、ファミリーレストランと銘打っているとおり、食堂と言うより町のレストランという感じ。
昼時の店内は大盛況で、待っているお客さんもいましたね(^^)

家族で訪れても大丈夫、かつ丼以外のメニューも豊富でしたよ。
豊富すぎて載せきれないので割愛しますけどww

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
気になる方はオフィシャルサイトで確認してください(^^)v
あ、そうそう、こちらのお店で食べられるご当地かつ丼をまだ発表してなかったですよね。

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
百聞は一見に如かずって言うくらいだから説明してもしょうがない。実際に見てもらいましょう!←ただの手抜きだな(爆)
えへへww
はい、これがこちらの名物「てりかつ丼」ですっ(^^)v

ひれ肉を使った「上かつ丼(てり)」ってのもあったけど、ロース好きのオイラは普通のてりかつ丼を♪
うん、かつの上にかけられたソースがツヤツヤとてかってますね!! さすがてりかつ丼(^-^*)

ご飯の上にキャベツが敷かれ、その上にしっかりした厚みのかつ、その上にてりかつのソースがかけられています。
見た目としては、新潟長岡の洋風かつ丼、兵庫加古川の加古川かつめし、岡山のドミカツ丼に近いかな(^^)

では、いっただっきまーす♪
モグモグ、ふむふむ、モグモグ、ふむふむ。。
うんうん、これも美味しいじゃん。さっきかつ丼を一杯平らげたオイラのお腹にするすると入っていくのがその証拠w

いちおうベースはデミグラスソースなのかな?ケチャップ風味のソースの酸味が食欲をそそります。
深みがあるという訳ではなく酸味と甘みのバランスが絶妙なソースです。
豚肉とトマトソースの相性って良いじゃないですか。なのでケチャップ風味でも違和感は感じないんでしょうね(^^)v
いちばん近いのは長岡の洋風かつ丼かな。
でも、こっちのほうがパンチがあるように感じましたよ(o^^o)
てりかつ丼あんかけかつ丼、洋風と和風。
考えてみれば、同じ地方の隣の駅なのに、しっかり別々のかつ丼が地域に根付いてるって凄いですよね(^^)
かつ丼やカツカレーをはじめとするかつ乗せ文化、まだまだ追いかけて行きますよ~♪
ごちそうさまでしたっ(o^^o)/

いままでのかつ丼の記事はこちらをチェック

(メタbowのfacebookページGoogle+ページ もヨロシクw)

訪問日 
2017.5.6

ちちや

 ↓ 気に入っていただけたら拍手してくれると嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示