スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWのリベンジ成功っ!!(そんな大げさなww)「にっぽんの洋食 赤坂 津つ井@赤坂」(1)

先週の事、富士山周辺で遊んだ後に立ち寄ろうと思った赤坂 津つ井さん。
(なぜ、富士山の後に赤坂なのかって事はスルーするようにww)
その時は運悪くお休みの日に当たってしまったので、再び近所に来たのでリベンジしにやってきました(^^)
忘れないうちに来ないと、そのままになっちゃうからね。。

日本の洋食と謳っているお店ですが、外観はちょっとした料亭みたいですよね。
まぁ、洋食って、すでに和食の1ジャンルみたいになってますけどww
さ、もう少しでランチのラストオーダーの時間が迫っているので、急ぐとしましょう( ̄∇ ̄)

そーんな時間に入ったので、店内は我々ともう一組だけ。
ちょっとした貸し切り気分を味わってきましたww

あれこれ食べたい欲張り用の「クアトロボックス」が気になるなぁ・・・
うーん、「特味彩セット」も捨てがたい( ̄∇ ̄)←あ、欲張りってお前のことだろww

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
こちらは以前、テイクアウトで2度ほどお世話になっているのですが店内で食べるのは初だったりします。
(そのテイクアウトの紹介はこちら赤坂弁当名物ビフテキ丼
となると、やっぱり名物いくしかないよねww

※↑の画像をクリックすると大きくなります。
その前にっと、ペリエをオーダーしたら、こんな感じで出てきました(^^)
いつも瓶ごと出てくるのに慣れてるもんで、瓶を探しちゃったのは内緒ww

そんなこんなしてたらやってきましたよ。
はい、これが赤坂 津つ井の「名物ビフテキ丼」です( ̄∇ ̄)/←蓋取れよww

いや、じらした訳じゃないんだってば、、こーゆー風に出てくるんだって事を教えたかったんだよぉ・・・
サラダと自家製のお新香、そして赤出汁が付いてくるって事もさぁ。。え、早く蓋取れって??
分かったよぉ、、そんなに怒らなくったっていーじゃんww

では、気を取り直してっと、これが「名物ビフテキ丼」です。どーぞっ!!( ̄∇ ̄)/

日本で初めて創業者筒井厚惣が考案の当店名物
特選タレとバター、国産黒毛和牛ロースが絡み合う贅沢丼

おーっ、きれいなロゼ色のビフテキが美しいじゃありませんかっ!!
見ただけで食欲がそそられるでしょ、ほら、ほらーーーーっ(*´∇`*)

しずる感がたまりませんね。
テイクアウトの時も言ったのですが、お肉はステーキとしては薄切り、焼き肉とすれば厚切りって感じ。
この厚さ、こーやってご飯を巻いて食べるのにピッタリなんだよねー♪

ランクで肉を語るのは意味がない気もするのですが、A5ランクのロースなだけに脂が良い感じに溶けてゆきます。
それがタレと相まってご飯をくるんでいくんですよ。これが美味しくないわけがないww
ただ、以前も感じたのですが、もともと脂が甘くて旨味もあるお肉を使ってるんだから、バターはなくても良かったんじゃないのかな?ちょっとだけしつこく感じたからね。
ま、そんな事言いつつも、箸が止まらず、あっと言う間に平らげてしまったんだけどさww

しかし、名物に旨い物なしと言いますが・・・
これ、ちゃんと美味しかったと言うことを報告しておきます( ̄∇ ̄)v

(メタbowのfacebookページGoogle+ページ もヨロシクw)

訪問日 
2015.5.10

赤坂 津つ井 総本店

 ↓ 気に入っていただけたら拍手してくれると嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。