スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20周年おめでとうございます!!記念コースに酔いしれてきました(^^)「よし佳@浦和」(17)

えーと、、、まずはご報告。。生きてます。しかも結構元気に( ̄▽ ̄;)
ちょっとだけサボったつもりだったけど、なにげに1ヶ月以上も更新してなかったみたいですね。
深ーく、反省しております(ーー;)

さて、気を取り直して本題に入りましょう。
先月の事なのですが、最終日曜日の29日、食い友と一緒に浦和のよし佳さんを訪問してきました。

この日までの3日間限定で開店20周年記念の記念コースがいただけたので、それを目当てにね。
ただ、オイラが誘ったのは希代のお肉好きな面々。
29日(にくの日)にお寿司屋さんに誘うという暴挙だったにも関わらず、快くご一緒してくれた仲間に感謝です。
しかも、なんと今年初めて会ったという、、、こちらもご無沙汰しまくりで申し訳ない( ̄▽ ̄;)

その20周年記念メニューは、店主の田辺さん曰く「江戸前寿司の原点」を再現したものだと言う事。
色々な文献を調べて練り上げたお寿司が登場すると言う事で、一同期待が膨らんでおります。

20周年おめでとうございます。そして今年もよろしくぅーww
かんぱーい( ^_^)/□☆□\(^_^ )

この日のコースはお寿司をガッツリいただいてもらうとの事でしたが、よし佳名物も少しね。
と言う事で、コーススタート(^^)
まずは、「明石のタコの桜煮」から。

店主の田辺さんの好物。好きこそものの上手なれではありませんが、柔らかさと旨味あふれるこのタコは何度食べても唸らされる逸品なのでした。

そして、「蒸し鮑」も。

こちらも噛んでいくと口の中に滋味深い旨味がどんどん広がっていく代物なのですよ。
ええ、もう始まりから頬が緩みっぱなしで、どんどん締まりのない顔になって困ります(^^ゞ

「熊本の芝海老と卵だけ使った厚焼き」

もともとよし佳の玉子焼きは芝海老のおぼろを使っているのですが、今回の厚焼きは芝海老の比率がかなり多め。
滑らかな通常バージョンも良いけど、今回のも美味しいですね(^^)

そして、「蝦蛄(シャコ)」は熱々でいただきましょう。

香りと旨味が際立っていて、これも定番の美味さです。

春は貝が美味しい季節です。と言う事で「アオヤギ」を。

香りと旨味の強い蝦蛄の後にスッキリした甘さのアオヤギ、その対比もあって美味さが引き立ちます。
うん、これぞ春の香り(^^)

そして、一同が唸ったのがこちらの「淡路島の真鯛」

寝かせて旨味の凝縮した真鯛は、もう至福の逸品となっておりました。
鯛の旨味って、こんなに濃くなるんだ。。

そんな鯛の後には「子持ちヤリイカ」を。

目先を変えた煮物だけに、比較する事なく楽しめました。
それにしても、この時期のヤリイカは美味しいなぁ。卵もねっとりしてほんと美味しいっ(^^)

「燻しガツオの夏蜜柑酢」

昔は柑橘を使ったんだよ。とかなんとか・・・
美味しいのを味わうと夢中になりすぎて、とたんに記憶が怪しくなるオイラ、、
基本的にグルメブロガーに向かないのかもしれません。。( ̄▽ ̄;)
でも、優しい夏蜜柑酢でカツオの酸味のある旨味が洗練されて美味しかったのは覚えてますww

「豆腐と塩辛」

よし佳の豆腐は美味い。そして塩辛も美味いに決まってる。
その2つが組み合わさったんだから、もう説明の必要はないでしょww
ただ、ちゃんと塩辛の塩をきつめにして豆腐と一緒に食べたときに丁度良くなるようにしてあるんですよ。
この辺が心憎いですよね。

お寿司をガッツリと言う事でしたが、つまみも充実してるじゃないですかww
さらに「煮物」もやってきました。

極上の出汁で炊かれた、三陸わかめ、タケノコ、桜蒲鉾、鯛の卵を木の芽味噌でいただきます。
春の旨味が口の中に広がって美味しかったなぁ(^^)

さて、ここでつまみは終了。いよいよ握りへと移ります。
どんなお寿司が登場するのか、どきワクしちゃうなー、もうww

最初に出てきたのは「静岡産ヤリイカの昆布締め」

あぁ、いきなり洗礼を受けた気がする。
塩でイカの甘さを引き立てるのは何度も経験してるけど、昆布締めにするとこういう感じになるんだ。
イカの甘さがかなり鮮明になって濃厚にすら感じる。美味い。

「ホウボウのがごめ昆布乗せ」

がごめ昆布をここまで乗せちゃうとバランスはどうなんだろうと思ったけど、そんな心配は杞憂だったね。
喧嘩する事なくホウボウの旨味を引き立てるがごめ昆布に乾杯。ホウボウってこんなに旨味の強い魚だったんだね。

「車海老の黄身おぼろ」

実のところ、お寿司の黄身おぼろはあまり得意ではなかったのだが、これを食べて考えが変わってしまった。
え、普通に美味しいじゃん( ̄▽ ̄;)
この黄身おぼろ、車海老の旨味や甘さとマッチして相性が抜群でした。
あー、なにごともバランスが大事なんだなぁ、と言う事を再確認してきましたよ。

さて、光りものにいきますよー、「コハダ」です。

土佐酢で締められたコハダは塩梅、酢のきかせ具合、旨味、どれをとっても文句なし。
ホロッと崩れる酢飯とも相まって、オイラの唾液腺を刺激して困りますww

「春子鯛」

春子鯛と書いてカスゴダイと読みます。
文字通り、春を告げる味わいのこちらは真鯛の幼魚なんですよね。
しっかりした味わいの真鯛に対して優しい繊細な旨味の春子鯛、どちらも甲乙付けがたい美味しさです(^^)

手渡しじゃないとほぐれるくらい柔らかく握った「シラウオ」も。

シラウオには熱を加えて暖かい状態で供されるのですが、今回はいつもと趣向が変わっておりました。
それは桜バージョンというべきもの。
桜の葉の上で熱を加えられたシラウオを口の中に入れたとたん、桜の良い香りが口から鼻にふわーっと抜けていく。
あぁ、ほんとうに良い経験をさせてもらった。
もう一瞬で笑顔になる。こちらはそんな記憶に残る逸品でした。

そして「本鱒」も。

本鱒と呼ぶより、桜鱒と呼んだ方が知っている人が多いかもしれませんね。
これが本当に美味しかった。
脂の臭みもなくて味も濃く、誰もが分かりやすい美味さをストレートに伝えてきます。
こちらサーモンと比べたら失礼なほどの高級魚ですからお間違えのないよう。

さ、貝も登場しますよ。まずは「赤貝」を。

文献だと酢に漬けたとか煮たとか言ってたけど、試食してみたら不味くて却下したそうでww
うん、普通でじゅーぶん美味しいから、これはこれでヨロシクお願いします(^-^*)

次は「本ミル貝」ですね。

しかも、これ、なんと茹でてあるんですよ。
貝って面白いですよね。熱を通すと固くなるものや香りや旨味が際立つものなど色々とありますが、本ミル貝は柔らかくて甘さと旨味が強くなるみたいです。
ええ、ほんと、これも美味かった(^^)

「漬けマグロ」

いよいよマグロの登場です。
しかし、昔はマグロはあまり重用されずに不遇な魚だったそうで・・・
そんな時代でなくて良かったですね。こんな美味しいマグロが食べられるんだからw
赤身の特徴でもある酸味を和らげて旨味を際立たせる漬かり具合、見事の一言でした(^^)

お次はこちらの「トロ」なのですが・・・

なんと普通のトロではありません。昆布締めをしたトロを塩で食すというものなんです。
これもですねぇ、目からうろこの逸品だったんですよ、ほんとに。
トロの脂の旨味と昆布の旨味が意外なほどマッチしているように感じたのは、きっと塩で食べたからなんでしょうね。
これからトロはこうして食べたいと本気で思っちゃいましたもん。

ここで舌をリセット、「潮汁」で一休みしましょう。

味噌汁だと味覚の邪魔になるそうなので、よし佳は塩味の潮汁を提供しているんだって。
お寿司屋さんで定番のガリも辛味の強いものだと、舌がしびれて味が分からなくなるそうなので気をつけましょうねw

「煮貝(帆立の貝柱のほぐし)」

こちらも柔らかく握ってあるので手渡しで。
良い感じに煮られた後に丁寧にほぐされたホタテの貝柱は柔らかいシャリとの相性抜群。
口の中いっぱいに旨味が広がって最高です。
これ、ホタテ好きの人にぜひ食べてもらいたいなぁ・・・きっと目を丸くして喜ぶに違いない(^^)

手渡しの逸品が続きます。「羽田沖産の煮穴子」も。

こちら、見た目はいつもの煮穴子なのですが、中身は全くの別物となっております。
多目のみりんで煮て、生醤油と塩で食す。のだそうでw
穴子の味わいの輪郭がハッキリして甘さと塩味のバランスが良い感じですね。個人的にはこれ好きです。
でも、いつもの優しい甘さのも捨てがたいなぁ・・・ええ、どっちも食べたい欲張りなオイラは健在なようですww

「雲丹寒天」

いよいよ、今回のコースの最後を飾る一貫がやってきました。
こちらも手渡しで提供。
シャリも崩れやすいですが、雲丹寒天もプルプルで崩れやすくなっております。
さ、崩れないうちに口の中へ、急げーーーーっ!!
うわぁ、シャリと雲丹の甘さが口の中に広がって、これも美味いなぁ(^^)
ラストを飾るにふさわしい美味しさに大満足でした。

店主の田辺さんが、この雲丹寒天を始め、調べた文献のお寿司が漫画の将○の寿司にもよく登場してる事をとって、あの作者よく勉強してるなぁ、と感心してたことも書き加えておくとしようww

いやー、今回もほんと大満足だったなぁ・・・
次から次と目からうろこの逸品が登場したので、オイラのメモリーがパンクしちゃったのが残念。。
今回のコースの魅力のほんと一部しか表現出来てなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいだよ(ーー;)

最後になりましたが、20周年おめでとうございます<(_ _)>
20周年を迎えるよし佳にあっても、まだ研究を重ねる店主の田辺さんと弟子のS君、これからも美味しいお寿司と楽しい会話に磨きをかけていって下さいね。

よし佳の記事一覧

(メタbowのfacebookページGoogle+ページ もヨロシクw)

訪問日
2015.3.29

よし佳


 ↓ 気に入っていただけたら拍手してくれると嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。