3月3日はひな祭り。。じゃなくて親父の・・・で、よし佳詣で( ̄∇ ̄)v「よし佳@浦和」(16)

3月3日はひな祭り、ももの節句で女の子の日なイメージなのですが・・・
何の因果かその日に生まれた親父のおかげで、オイラの中では無骨な男のイメージな日( ̄▽ ̄;)
そんな日を2日後に控えた日曜日、とりあえずお祝いって事で、浦和のよし佳にやって来ましたww
(当日は帰りが遅いので来られないからね。)

この日は、春の嵐よろしく、雨と風が強くて傘が飛ばされそうでしたね。。
(羽田が強風で混乱するくらいですから。)
と、言う事で、さっさとお店に入りましょう(^-^)v

親方の田辺さん、弟子のS君、今日もよろしくお願いしまーす<(_ _)>

親方、前日までボランティアで新潟に行っていたそうで、部屋のあまりの寒さに逃げ帰ってきたそうですww
この日は他にも親方ネタで笑わせていただきました。。よく考えると笑っちゃいけないようなものもありましたが・・・

まずは、お通し「のれそれ」から。

のれそれ、なにそれ?。。あははは、のれそれ食べると、どーしてもお約束のこれを言いたくなっちゃうんだよなぁ(^^ゞ
えーと、いちおう説明しておきますと、「のれそれ」ってのは、アナゴの幼魚なんですよ。
ツルッと口に運んで優しい甘さを味わいました(^^)

よし佳名物「明石の蛸の桜煮と蒸しトコブシ(アワビ)」も。

季節によってトコブシだったりアワビだったりしますが、どちらも滋味深い味わいの逸品。
大将が大好きだからという蛸の桜煮は、好きこそものの上手なれを地で行く美味さですね(^^)

「芝エビのおぼろ入り玉子焼き」

優しくも奥深い味わいの玉子焼きもよし佳クオリティ。
なにげに「ばらちらし」の中でも存在感が光るんですよ、これ(^^)

この辺は定番が続きます、「蝦蛄」ですね。

温かい状態で提供されますので、口の中に香りと旨味が広がって鼻に抜けてゆきます。
相変わらず、美味しっww

あれ?珍味4点盛りのはずが、、、珍味5点盛りになってるー( ̄∇ ̄)
内容は「絹ごし豆腐、ワカサギの甘露煮、ホタルイカ、赤ホヤ、タラコの生姜煮」でした。

新もののホタルイカが食べられたのは嬉しいですね。
もちろん旨味の濃い絹ごし豆腐、臭みの無い赤ホヤなど、どれも日本酒が進みそうなクオリティ。
思わずお茶が進んでしまうオイラだったのだ(^-^)v

「ホタテの氷締め」

塩をぱらぱらと降りかけていただきます。
そうするとホタテの甘味がふくらんで、もうたまりませんね(^^)

「カツオ」は鹿児島産。

他のも産地を言ってくれるんだけど、会話が楽しくて、ついメモを取るのを忘れちゃう(^^ゞ
脳内メモリーが乏しいオイラには厳しい現実です(爆)
美味しい初鰹をいただき、春を感じるオイラだったのだww

「ヒラメ」はおろし大根と千枚漬けで。

1枚はおろし大根で、2枚目は千枚漬けに挟んでいただきました(^^)
もともと淡泊なヒラメにおろし大根が合うのに驚き、これ美味しいですね。

「鯛」もお塩でいただきます。

噛んでいくうちに口の中に旨味が広がっていく鯛、こういう白身の味わいを楽しめるようになったのは嬉しいですね。
ちょっぴり大人気分←いや、もうすっかりオヤジだから(爆)

それとは反対に鮮烈な美味さをストレートに伝えてくる「鰯」

さかなへんに弱いと書く鰯、味の面での自己主張はどこにも弱さを感じさせないものです。
この鰯も脂が乗って美味いのなんのってww

「ホッキ貝」は炙っていただきます。

貝は奥深いよね、生で食べると甘さが前面に出るけど、火を通すとその甘さも輪郭がハッキリするし、何より鼻に抜ける香りが素晴らしい。
春は貝が美味しくなる季節、貝好きにはたまらないよね(^^)

おつまみのラストは「マグロの天身」でした。

天身とは、中骨に近い中落ちに近い部分、筋が無くてきめが細かく最上の赤身と呼ばれる部分なんですって。
口に入れてみると、それも納得の美味さ。
いや、この舌触りと旨味、凄いよこれ。

そんな余韻とともに、いよいよ握りに突入。
まずは「ヤリイカ」から(^-^)v

本来はそろそろスミイカの季節だそうですが、今年はまだ市場に出回ってこないとの事。
でも、このヤリイカも甘味とモッチリした歯応えが楽しい逸品でしたので、ノープロブレムでしたよw

「スズキの昆布締め」(左)と「サヨリ」(右)

昆布に引き出された旨味が素晴らしいのと、サヨリの繊細かつ柔らかい甘味と旨味に心が躍ります。
まぁ、オイラの場合、踊ってもフォークダンスか盆踊り程度ですが。。
EXILEみたいに踊れたらなぁ←例えがおかしいだろ( ̄▽ ̄;)

そして「アオヤギ」

うん、やっぱり春は貝が美味しくなる季節って事を再確認。
甘いし香りが爽やかだし、思わず頬がほころびます(^-^*)

握りでも「真鯛」が再登場。

さっきはお塩でいただいたのですが、握りは煮きりでいただきます。
塩で味わったときは白身の繊細な味わいを楽しめたのですが、煮きりと酢飯と合わさると表情一変w
力強い旨味の味わえる一貫となりました。

「シラウオ」は直接手渡しで。

ネタに合わせて柔らかく握っているので、こうしないと崩れてしまいます。
熱を通したシラウオの香りと旨味が口の中に広がって、これ、ほんと美味しいんですよ(^^)

そしてマグロ3連発、左から「大トロ・中トロ・赤身」です。

本来は1貫づつ提供されるのですが、大将が気を利かせて3つ一緒に出してくれましたww
この方が比較しやすいし、写真の数も少なくて済みますからね(爆)
先ほど天身を食べちゃったので、驚きはしないのですが、そのクオリティと部位による味わいの変化を心ゆくまで楽しむ事が出来ました(^-^)v

そして「ウニ」は小鉢で超ミニ丼風にw

軍艦巻きにしないので、海苔の香りに邪魔されずにウニの甘味をストレートに味わう事が出来ます。
口の中でシャリの一粒一粒がウニにコーティングされて美味しいっす(^^)

本来はここでコース終了なのですが・・・
普段は無いネタだから。と「マスの酢漬け」を親方が握ってくれました(^^)

雛ちらし用のネタなのかな?
爽やかさと力強い旨味の同居する美味しさに大満足でした。

締めの「潮汁」を飲みながら、余韻にひたります(^^)

そんな中、3月の27、28、29日に開店20周年の特別コースなんて話しが・・・
そ、それ、食べたいんですが、年度末ですか。。身体空くかな??

あ、そうそう、この日の主役?の親父は、熱燗飲んで真っ赤な顔してご機嫌モード(^^ゞ
このままボケずにいてくれるといーんだけどねww
大将、S君、この日も美味しくて楽しい時間をありがとうございましたぁ(^-^)v

よし佳の記事一覧

(メタbowのfacebookページGoogle+ページ もヨロシクw)

訪問日
2015.3.1

よし佳


 ↓ 気に入っていただけたら拍手してくれると嬉しいです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示