スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味があると信じたい。

先週から、母の霊前に美味しそうなものを買ってきて供える事で活動を再開したのですが・・・正直、してあげた満足感としてあげられない喪失感が同居した切ないような虚しいような不思議な感じに包まれています。
どちらかというと、食べさせてあげられない悔しさの方が大きいです。

それに、こういう事をしてどんな意味があるんだろう?という疑問もわいてきて・・・
結局、母は食べられないんじゃないか。という気持ちが頭の片隅にあるのも事実。

死んだ人は実体が無くなるので、食べられないという話を聞いた事もあります。
それなら、逆に母に美味しいものを見せつけるだけなんじゃないかと、悲しい気持ちになってしまう自分がいます。

でも、母に伝えたい・・・
どういう物を供えてあげるか、ずーっと考えているんだよ。と・・・
あなたの事ばかり、ずーっと考えているんだよ。と・・・
今も、ずーっとあなたを喜ばせる事ばかり考えているんだよ。と・・・

信じたいですね。
母が「うちの息子は、死んでからも私の事を思って色々買ってきてくれる」とあっちの世界で自慢してくれている事を・・・
それなら、僕のやっている事に意味が生まれるから。
意味があると信じたいです。
スポンサーサイト

玉子屋別館 玉辰楼のひつまぶし「日本橋タカシマヤ@グルメのための味百選」

先週から、ようやく動こうとする気持ちが出てきました。
ま、それも母のおかげなんですけど。
そこで、食べ歩きが好きだった母の霊前に、美味しいものを供えてあげようと色々調べてるのですが、なかなか良い情報がないんですよね。
困ったときのデパ地下だと思って調べていると、タカシマヤさんで面白いイベントが開催されていることが分かりました。
日本橋タカシマヤ 「グルメのための味百選」 (10月26日~11月1日) 
横浜タカシマヤ 「大北海道展」 (10月26日~11月6日)
そこで土曜日の今日は、横浜へ向うつもりが・・・

首都高5号線上りが大渋滞・・・
9時に家を出て、11時になってもまだ竹橋JCTまでたどり着きません(^^;)

叙々苑の特選カルビ弁当「叙々苑 麻布十番テイクアウトショップ@麻布十番」

母が倒れてからというもの、美味しいものを食べたいという欲もすっかり無くなり・・・
僕の食べ歩きの原動力は、あの美味しそうに食べる母の笑顔だったんだなぁ。とつくづく思い知る事になりました。

そんな僕にモチベーションを与えてくれたのは、やはり偉大な母でした。
母の霊前に良い物を供えてやりたい!!
この気持ちのおかげでようやく前に進む事が出来ました。

とはいえ、今までのようにフットワーク軽くとはいきませんので・・・
麻布十番に。。えぇ、僕的には近場ですが。。何か?

全く才能はないのですが・・・挑戦してみようと思います。

この所、母のことを書き連ねているのですが・・・

辛い記憶を思い返してみると、このブログに最初に母の事を書いたのは、医師から母の意識が戻る可能性はほとんど無いと宣告された時でした。
その時、僕は人生初の貧血で倒れてしまったのですが・・・
半ば医学に見放されたように感じた僕は奇跡にすがるしかなかった。
ありえない事でしょうけど、この世の中に奇跡を起こせる人がいるのであれば、その人の目に留まってくれないかなと思って・・・
夢見たいな話ですが、そんな事にでもすがりたかった。
やっぱり俺って馬鹿なんだなぁ・・・

母を亡くして2週間が経ち、作家や歌手の方が、亡くした母の事を小説や歌にする気持ちが分かる気がしてきました。
今の胸の痛みや母に対する記憶が薄れていくことは寂しいし悲しいんですよね・・・
自分が母の事をブログに書くのは、日に日に薄れていく気持ちを繋ぎ止めるためだったりします。

最近知ったのですが、このFC2のブログは書籍にすることも出来るそうです。
家族の歴史を本にして残したいなぁ・・・
本を書く才能なんてまったくありませんが、ブログなら書けそうな気もします。
ただ、このブログは食べ歩きで完成されつつあるので、家族の歴史を書くには難しいですね。
友人みたいに別館でも始めようかな。家族の歴史用に・・・
母との、あの幸せだった日々を形にしたいですから・・・
挑戦してみたいと思います。

あ、こちらのブログもちゃんと続けますよ。
母の為に祈ってくれた皆様を裏切るような事はしません。母に怒られますから(^^)

親不孝者なので・・・

今日でもう二七日(ふたなのか)、日々はあっという間に過ぎていくんですね・・・

昨日、四十九日にむけて本位牌を注文しに行って来ました。
そこで仏壇も見てきたのですが・・・

正直、気に入ったものがない。

今は後飾り壇に遺影と遺骨、その他もろもろを飾ってあるのですが、この後飾り壇の方が色々と供えられるので、仏壇より良いんじゃないかと思ってしまいます。

あ、この後飾り壇、そうPCデスクだったりします。
これの方が、業者の持って来たものより、沢山供えられましたのでw

お墓も無いし、納骨も当分するつもりはないんだよね・・・

それと言うのも、今の現状だと自分の代で家系が途切れてしまうかもしれないので、永代供養も含めて色々と考えないといけないから(^^;)
あー、オレって親不孝者だなぁ・・・

お墓にしても永代供養にしても、お世話にあるところで付けてもらったほうがいいから、今のところ戒名も付けてやれないし・・・
あー、オレって親不孝者だなぁ・・・×2
ま、俗名のままの方が母を身近に感じられていいんだけどさ。

せめてもの罪滅ぼしとして、母の周りは沢山の綺麗なお花と美味しいものであふれさせておきたいですね(^^)

毎食こんな風に母の霊前に供えてから僕が食べています。
今夜は二七日なので叙々苑の焼肉弁当(レポは後日)を奮発してみました。
やっぱり仏壇だとこうはいかないよね・・・ずっとこのままだな。きっと・・・

静かに考えられるようになりました。

皆様、こんばんは。
母が倒れてからというもの、沢山の励ましの拍手、コメントありがとうございました。
このブログが、たくさんの皆様に支えられていると言うことが良く分かりました。
本当に、うちら母子は幸せものです。
心から感謝申し上げます。

通夜・告別式が終わり、ようやく静かに考えられるようになりました。
母はこんなに早く逝ってしまいましたが、彼女はとっても幸せだったんじゃないかと。
僕に「お母さんは幸せだったよ」と言ったのは本音だったんじゃないかと。
僕が免許を取ってから24年、ドライブ・旅行・食べ歩きを心から楽しんでくれたんじゃないかと。
やれなかった事よりも、やってあげた事を冷静に見つめる事が出来る様になりました。

母の写真を整理していたのですが、本当にいつも笑顔なんですよね。
とっても人当たりがよく、みんなから愛された人でした。

そんな彼女のDNAを受け継いだのは、この世の中で僕だけなんです。
その責任を果たすべく、母に負けないように笑顔の人生を歩まねば!と思えるようになりました。

今までは、歳をとる事や死ぬ事は怖いことだと思っていたんですよね。
でも今は違います。向こうには母がいますから。
これからの人生、おおらかに笑顔の多い道を歩んでいこうと思います。
向こうに逝った時、母に嫌われないように・・・

さて、そろそろ立ち上がるとしましょうか。
とは言え、色々と忙しいので、今までのようにフットワーク軽くとはいきません。
今は自分が食べ歩くより、母の霊前に色々と美味しいものを供えてあげたいし・・・
逸品のお弁当やお取り寄せの情報を教えていただけると嬉しいですね。
ねっ、母さん(^^)

無事に送ってあげる事が出来ました。

昨日、母の告別式を無事に終える事が出来ました。
僕が母にしてやれる最後の親孝行。
今の自分に出来る最高の式にしてやりたいと思っていました。
お金を出すだけじゃ意味がないので、自分らしい演出で母を送ってあげようと決意。

手持ちの機材、手段をフル活用しました。

まずは、連日徹夜で、式場で流すスライドショー作成。
母はこういう風に幸せに生きていたんだよ。と参列者に見てもらいたくて・・・
家族での旅行やドライブ、食べ歩きで撮った母の満面の笑みの写真を選びぬきました。いつも笑顔だったので、かなりの枚数になってしまったのですがね・・・

次に母がカラオケを歌って録音したカセットテープをデジタル化
スライドショーのBGMです。

そして、棺に入れてあげる写真の作成。
母が子供の頃や家族で撮った思い出の写真をスキャンし印刷。
倒れてから1ヶ月以上も何も食べられずに逝ったので、食べ物の写真も印刷。
しめて200枚以上印刷してしまいました。

と、簡単に書いていますが、正直辛かった・・・
母の写真を見ているだけで、母の歌声を聞くだけで涙が次から次と流れてきました。
地獄の苦しみのようで自分が壊れていくのも感じていました。

そして通夜当日、喪主自ら式場に23インチモニターとスピーカーとPCを持ち込んでセッティングし、スライドショーと母の歌を再生。
そのテーブルに思い出の写真を並べました。

どうやら、その演出は成功したようです。
参列者から、こんなに色々な所に行ってたんだ・・・
こんなに幸せそうな顔で・・・
幸せだったんだね・・・
との声をいただきました。
葬儀屋さんからも、自分も親孝行しなきゃと思いました。と言われたし
隣の式場の参列者もトイレの帰りに足を止めて見てくれていました。
母の同級生も昔の写真を懐かしそうに見てくれていましたし
叔母からも、こんなに姉さんを幸せにしてくれてありがとう。と言ってもらえました。

その後、喪主の挨拶。
頭が真っ白になったのですが、前回のブログに書いたようなことを話しました。
従兄弟が自分より先に泣いてくれたので、ある意味助かりました。

そして、母の十八番のカラオケの歌詞カード、思い出の写真、そして花で棺を埋め尽くしました。母はとっても綺麗でした。

遺骨を彼女の指定席であるナビシートに乗せて帰宅。
ようやく母をいつもの場所へ乗せてドライブ出来ました。

遺影の母は満面の笑みで
「私は幸せものだよ。ありがとう。」
と、言ってくれています。
でも、その微笑みと存在が、俺を幸せにしてたんだよ、母さん・・・

きっと母はあのキャラクターですから、向こうでも人気者でいる事でしょう。
そんな母に嫌われないようにしなくてはですね。
「母さん、いつかまた!! 俺もいつかそっちに逝くんだから。待っててね!!」

正直、食べ歩きもドライブも思い出がありすぎて辛いです。
しかし、母の霊前にコンビニ弁当だけあげる訳にもいかないですよね。
これからも彼女が幸せであるように・・・
どうやら、まだ親孝行は出来るようですね。それをモチベーションに頑張ります。

NEXT≫
プロフィール

メタbow
ブログタイトルを“メタbowの喰って遊ぶ日記♪”から変更しました。
関東を中心に、美味しいものを求めて車で走り回ってます!!
いつかは“るるぶ”のように参考にしてもらえたらなぁ・・・なんて♪

お気に入りブログリンク♪
カテゴリ
ジャンル別リスト
最近のコメント
データ取得中...
検索フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。